仮面ライダージオウ 4話感想

こんにちは川庭茂樹です。仮面ライダージオウ3話感想です。

f:id:SGKsen:20180909141059j:plain

毎度おなじみネタバレあらすじのウォズさん今日はネタバレ控えめでした。エグゼイドのエフェクト2年前とは思えないくらい懐かしいです。毎週のように懐かしい懐かしい言っています。タイムジャッカーは毎週時間止めていますが割とチート能力ですよね。なんとなくですがライダーの記憶・歴史とアナザーライダーについての関係性が解説されましたね。補完計画の方では早い段階で明かされていたようですが割と重要な設定なので本編でも説明があるのは当然ですね。ビルド編でも思ったんですがソウゴ君年上の人はさん付けで呼ぼう。

2016年に戻るシーンですがエグゼイド2話の再現いいですね。ビルド編はなんとなくの時間軸は分かりましたが今回は明確な時期が分かって過去作とのコラボ感がより出てます。飛彩先生も永夢先生もしっかり2018年と2016年で演技が違っているのも役者さんの演技量の向上が感じられました。ゲイツ君は相変わらずあざとい。

オーラが変身させたアナザーライダーは明確に意思を保った状態で活動できるんですかね?子供のためなら親は何でもする気持ちを利用するのは理にかなっていますしドラマも作りやすそうです。いつもの屋上も実家のような安心感です。セットではないのでロケに行けば簡単に当時を再現できるので便利ですね。ソウゴ君が王様になるといった時の永夢先生の「何言ってんだこいつ」みたいな顔がツボでした。ライドウォッチを受け取り2016年へ戻ろうとするソウゴの前にウールが現れましたがイグアナゴーストライカーに乗ってきたのかと思ってとてもびっくりしました。実際は違ったのですがCGに手を加えた感じですね。本編での活躍がものすごく少なかったですしね。

エグゼイドアーマーに変身したジオウのヒットは笑いました。ソウゴ君学力大丈夫でしょうか。歴史は得意と言ってましたが1教科だけで高校を乗り切るのはさすがに・・・今週もなんか違うそういうのじゃない必殺技でしたがメタっぽい演出とても好きです。このメタっぽいというので思ったのですがジオウのストーリーは割と視聴者目線ですよね。各ライダーが同じ時間軸に存在しているわけですがライダーは1年区切りですし。

ラストで福士蒼汰っぽい後ろ姿が出ましたが果たしてどうなんでしょうか?まぁTwitterで出てるのはアンガ田中と555組だけなので多分福士蒼汰は出ないんでしょうけどサプライズで出る可能性も無きにしもあらず。楽しみに1週間待ちましょう。それではまた。

iOS12のショートカットがとても便利だった話

こんにちは川庭茂樹です。

最近iOS12が配信されましたね。私もiPhoneを使用しているのでさっそくアップデートしました。したはいいんですけど目玉とかは何も知らずにアップデートして機能なんかは後追いで調べました。その中でショートカットというものを見つけたので使ってみたらとても便利だったという話です。

ショートカット

ショートカット

  • Apple
  • 仕事効率化
  • 無料

アプリの動作をフローチャート形式で組んで(下の画像のように)ウィジェットから1タップで呼び出せるというアプリです。いろんなサイトをちらっと見たところWi-FiBluetoothを完全にオフにするくらいしか乗せてなかったので自分で作ってみたものを簡単ではありますが乗せてみたいと思います。

f:id:SGKsen:20180922231519p:plain

まずはミュージックのプレイリストを取得し再生するものです。と言ってもコード(と言っていいんですかね?)は2つだけです。

f:id:SGKsen:20180922231516p:plain

たったこれだけでショートカットをタップするとミュージックのプレイリストを取得し選択画面が出てきて好きなものを再生することができます。

次はちょっと長めのものです。私は毎週土曜日耳鼻科に行くのですが毎回予約時間がまちまちで覚えてられないのでカレンダーに記録していたのですがそれを簡略化するために作ったものです。

f:id:SGKsen:20180922230515p:plain

f:id:SGKsen:20180922230508p:plain

f:id:SGKsen:20180922230511p:plain

実際に起動してみると

f:id:SGKsen:20180922230523p:plain

こういう時間を入力するダイアログが出てきて時間を選択するだけで来週のその時間のカレンダーに耳鼻科と記録されます。仕組みですが現在の日付を取得しその日付に1週間足しただけです。カレンダーの予定の記録はそこそこ入力する必要があり使いづらい印象がありますがこのショートカットを作ってからはもう一瞬でしたね。

私はSEをしているのですんなり使えましたがプログラムをやったことのない方でもちょっと触るだけでいろんなものが作れると思います。スマホでいろいろ管理している人ほど役立つはずです。変数が使えたり文字列の結合や置換、画像をいじったりもできるのでそれこそ発想力次第ですね。

とても便利なアプリなんですがウィジェットから使うときもいちいちショートカットの画面に遷移するのはマイナスポイントですね。ショートカットが起動していない場合はショートカットの起動を待たないといけません。作った機能はショートカットの画面上で完結するのでそれ以上の遷移はありませんがそこは改善してほしいです。なんにせよ今後は呼び出せるアプリが増えたりできることが増えていくことが予想できるので今のうちに触っておいてみても損はないと思います。それではまた。

Twitterの凍結に異議申し立てをしても何も音沙汰がありません

こんにちは川庭茂樹です。先日Twitterが凍結されました。

sgksen.hatenablog.com

ネットなんかで探すととりあえず異議申し立てをするといいみたいなことがありますが多分この永久凍結の回避を禁止する項目というので凍結されると異議申し立てをしても意味がないと思います。すでに異議申したてのメールを十数通送りましたがテンプレ返信の一つもありません。やらないと凍結解除される可能性は0のままなのでしばらくはメールを送り続けてみますが無駄になる気がします。

凍結されて1週間程たちましたがとにかく不便ですね。毎日やっていて気づきませんでしたが私が得るほとんどの情報はTwitter経由でしたのでそれが無くなると何もわからなくなります。今のご時世企業の告知なんかも全部Twitterを通して行われているわけですから今や情報弱者みたいなもんです。凍結された人はフォローのみでツイートができないアカウントしか作れないみたいな感じでもいいのでTwitterやらせてください、お願いします。

SNSの中でTwitterは1位2位を争う大きいサービスですがそれゆえに代替サービスが無いのが困りますね。インスタなんかもありますが一度根付いた企業やユーザーが一斉に別のサービスに移行するというのは現実的じゃないですし。最近API利用規約も厳しくしたりTwitter社が迷走している気がするのは私だけでしょうか?ぐだぐだ中身のないことを書いたところでこれくらいにしておきます。それではまた。

松本仁志のFREEZEが詰まらなかった話

こんにちは川庭茂樹です。

みなさんアマゾンプライムには入っているでしょうか。私は入っています。お急ぎ便目当てというよりはプライムビデオ目当てです。月額300円ちょっとで映画やドラマが見られてありがたいサービスです。その中で配信しているアマゾンオリジナル番組でFREEZEという番組が始まりました。

www.amazon.co.jp松本仁志がプロデュースしているということでプライムビデオのTOPページにもデカデカと出ています。

要は芸能人を一部屋に集めて仕掛けに耐えて動かなければ優勝というルールです。第一話が配信されその中であるシーンが問題になっています。

f:id:SGKsen:20180920234228p:plain

このシーンですが包丁を模した何かしらをつけたドローンがクロちゃんの目に突っ込むというシーンです。面白い面白くない以前に危ないだけです。このシーンあろうことか松本仁志は大笑いしています。本物の包丁でないとはいえ下手すれば失明してもおかしくない事態です。これが松本人志の言うお笑いなのでしょうか。

私の好きな配信者がこう言っていました。俺たちは「白線を超えるぞ、飛ぶぞ、せーの」と言いながら反対方向に飛んでるだけ、本当にヤバい奴は知らない間に白線を踏み越えてる。まさしくこのシーンに当てはまると思います。いくらコンプラが緩いネット番組だからといってただ過激だったり下ネタだったりに走るのはどうなんでしょうか。仮に過激な番組だったとしても演者の安全は最低限確保されているべきです。

私はドキュメンタルも全シーズン視聴しましたが、正直ハリウッドザコシショウくらいしか見るに値するものはありませんでした。テレビの規制が無い芸人が見られる的な触れ込みですがやってるのは恫喝だったりただの下ネタ。私は下ネタが嫌いというわけではありません。ただ人を笑わせるための芸を磨く芸人が安易に下ネタに走るのがとてつもなくしょうもなく感じました。松本人志はその下ネタは下ネタではないといっていましたが、これがお笑いというのならそんなお笑い終わってしまえばいいと思います。人を笑わせるための芸を磨くから芸人なのではないのでしょうか。話術や漫才コントなど真剣に取り組んでいる「芸人」への冒涜だと思います。松本人志の異常な神格化がある気がするのは私だけでしょうか?

話がそれてしまいましたが2話以降こういった唯々危ないみたいなシーンが無いことを祈るのみです。それではまた。

ガンバライジングをプレイしに行ったらエラーが起きていた話

こんにちは川庭茂樹です。

今日は会社帰りにガンバライジングをプレイしに行きました。ただ行ったはいいもののエラーが起きていました。

f:id:SGKsen:20180919234046j:plain

すぐ店員さんを呼んでしばらく待ったら再起動してくださりおとなしく起動を待っていたらなんやかんやで3,40分経ってしまっていました。ただガンバライジングの起動画面を見られたのでそれはちょっと嬉しかったですね。起動したらいきなりICカードスキャンの画面になり1回無料でプレイできてしまいました。ただカードは出なかったのでそれで許してほしいです。結構な時間待たされましたし。待ったのも相まって今日のプレイはそれで終わりました。ちなみに当たり前のように負けました。やはりマネーゲーム、残念。起動した後にプレイできたということは誰かがお金を入れた後エラーになったんですかね?それとも起動時は毎回ああなる?よくわかりませんがモヤモヤするので明日あたりまたプレイしに行こうと思います。それではまた。

【LOL】私がシルバーからゴールドへ行った方法

こんにちは川庭茂樹です。今日はLOLの話です。

早速ですが私のOPGGのデータです

jp.op.gg

現在(2018/9/18)私のレートはゴールド5です。ゴールド5ということは分布を見る限りは平均以上ということになります。私がランクを始めたのが今年のシーズン開けからです。初めてのランクでしたが配属先はシルバー4でした。正直自分でももっと下だという自覚があったのでブロンズに配属されたかったです。案の定そこからブロンズに落ちました。そこから毎日のようにプレイして最近ゴールドまで上がったわけですがやっていたのは一つだけです。得意(だと思っている)チャンプを使い続けただけです。具体的に言えばヴェルコズです。

f:id:SGKsen:20180830225333j:plain

見た目に惚れて使い続けました。正直今シーズンヴェルコズが強かったことは1度もなかったと記憶しています。一時期はMIDレーン最弱レベルまで落ちぶれました。その後Qにバフが入ってそこそこ地位は上がったような気もしますがそれでも微妙です。

これは私の考えですが低レートがメタを追っかけて使えもしないチャンプを使うなら1キャラを使い込んだ方がいいと思います。カウンター相手にも無理やり出すことになりますがその分対処法が分かります。現にゴールドに上がる直前にはカウンター相手でも6,7割は勝ち越せるようになっていたと思います。(フィズだけは全試合BANしていたので例外です。)いろんなチャンプを使っていろんな相手と戦うより1つのチャンプで戦うことで普段より相手を理解しようとする気に私はなりました。

私がゴールドへ上がるためにやったのはこれだけです。最初はヴェルコズの勝率も40%台でしたがゴールドへ上がるころには51%くらいまで巻き返しました。YOURGGで戦績を確認すると3割くらいはMVPを取っていたりしたのでキャリーすることができていたのかなと思います。

まぁゴールド上がったはいいものの最近は全然キャリーできないしレートが上がるそぶりもないんですけどね。勝ち越していたカウンター相手にも普通に負けるので単純にシルバー時代は周りよりいくらか上手かったてだけですね。

ここまでの分読み返したらどちゃくそ痛い気がしてきたので終わります。それではまた。

Mステを見て思い出したこと

こんにちは川庭茂樹です。今日は連休の最終日でしたね。私はこの3日間何をしていたかと言われれば何をしていたというわけでもない虚無な3日間でした。最終日のお昼からはMステが放送されていましたね。私はゴールデンボンバー三浦大知さんをが見れたので満足です。三浦大知さんはCry&Fightのダンスを見て注目するようになりましたが翌年エグゼイドの主題歌「EXCITE」を歌ってからはより注目するようになりました。エグゼイド放送中はEXCITE500回は聞きました。大好きです。

ゴールデンボンバーは今年も女々しくてでしたね。ファンとしてはほかの曲も歌わせてあげてほしいですが、特番でそれは難しいんでしょうね。やんややんやnight ~踊ろよ日本~とかいいと思うんですけどね。今年はミュージカル風というとことでしたが流石にもうネタ切れ感がありますね。ラストで全く関係ないアニーやキャッツやテニミュっぽいキャストが出てきたのは笑いましたけど。

私はゴールデンボンバーが好きなのですが、好きになったきっかけもMステで見たからなんですよね。初めてゴールデンボンバーがMステに出て女々しくてを歌って踊っているのをみてなんて楽しそうにパフォーマンスする人たちなんだろうと思いました。そしてyoutubeでPVを見たらす気になったんですね。特にまた君に番号を聞けなかったが好きでした。

www.youtube.com

www.youtube.com

そこからそれまで出ていたCDをレンタルし以降発売したCDを購入しています。

私の考えるゴールデンボンバーの良さは2つあります。

1つは真面目にふざけているところです。女々しくてでTVに出ていたころいろんなパフォーマンスをしていたんですがどれも自分たちが体を張ってるんですね。昨今のバラエティ番組なんかは芸人に何かをやらせてそれを見て笑うみたいな構図が多いんですけどそれって対価を払って行うイジメに近い何かだと思うんですよね。自分たちが体を張って周りの人に迷惑をかけないって所が好きです。

もう1つは音楽に対する姿勢がですね。これはグループというよりキリショーの話なんですがパフォーマンスはふざける反面曲はしっかりと作りこまれてることでパフォーマンスも許されている気がします。またCDの特典をなくしたりジャケットを白紙にしたりと音楽業界に一石投じてやろうという姿勢がまたカッコいいんですね。

以上が私の考えるゴールデンボンバーの良さです。

ここまでウダウダ書きましたが実はライブには行ったことがありません。そもそもライブというものに行ったことが無いのですが映像なんかで見ると振りがあったりして理解していないと浮いてしまいそうなのと女性客の方が圧倒的に多いと思うのでちょっと逃げ腰になっています。機会があれば行ってみたいんですけど男一人で行っても浮きませんかね?

ダラダラ書いていましたがネタもなくなったので、それではまた。