GraveyardKeeperをプレイした感想

こんにちは川庭茂樹(SGK (@SGK_Season4) | Twitter)です。

今回は発売日に買ったものの最近はあまりやらなくなってしまったGraveyardKeeperをプレイした感想を買いたいと思います。

store.steampowered.com

発売前から倫理観をガン無視した行動や汚い牧場物語などと言われてちょっとしたブーム?になったいたこの作品ですが現状ではそこまでお勧めできません。

理由なんですがとにかく不親切です。

何をするにしてもスタミナが必要なんですが回復手段が序盤は回復手段が寝るしかないので少し何かしては寝るを繰り返すことになります。中盤になると回復アイテムも作れるのですが微々たるもの過ぎて作る手間の方が面倒くさいです。

次にインベントリの小ささです。アイテムを持てる数の上限が少なすぎます。序盤を過ぎると各種ツールや基本的なアイテムを持つだけでインベントリが半分埋まります。さらにそこから採取したアイテム等を持つともう一杯で何も持てません。かといって大型バッグみたいなインベントリを大きくするアイテムもありません。

次に導線がほぼ無いところです。ゲームが始まると死体の処理の方法と簡単なチュートリアルがあります。しかしそれ以降一切の説明がなくなります。住人のクエストをこなすことでやるべきことがなんとなくは分かりますがクエストをこなす方法は自分で探さなくてはなりません。普通のゲームは1から2,3,4と段階を踏んで10まで行ったらあとは自分でしてねという感じですがこのゲームは1,3,10みたいな感じで抜けているところは自分で試行錯誤しなくてはいけません。その試行錯誤が楽しいかと言えばそうでもなくただ単にチュートリアルを飛ばされた気分です。

いろいろ書きましたがこれはこのゲームに期待しているからこそです。コンセプトに魅かれ発売日に購入して上記の理由から少しプレイしていませんが本質的にはとても面白いゲームだと思ってます。開発元もユーザーの意見を聞き毎週アップデートを行って少しずつよくなっています。(基本的な意見はアルファ版の時に改善してほしいですが)ですので2,3か月置いておけばとてもいいゲームになると思っています。その時はまたプレイし始めようと思います。それではまた。