Mステを見て思い出したこと

こんにちは川庭茂樹です。今日は連休の最終日でしたね。私はこの3日間何をしていたかと言われれば何をしていたというわけでもない虚無な3日間でした。最終日のお昼からはMステが放送されていましたね。私はゴールデンボンバー三浦大知さんをが見れたので満足です。三浦大知さんはCry&Fightのダンスを見て注目するようになりましたが翌年エグゼイドの主題歌「EXCITE」を歌ってからはより注目するようになりました。エグゼイド放送中はEXCITE500回は聞きました。大好きです。

ゴールデンボンバーは今年も女々しくてでしたね。ファンとしてはほかの曲も歌わせてあげてほしいですが、特番でそれは難しいんでしょうね。やんややんやnight ~踊ろよ日本~とかいいと思うんですけどね。今年はミュージカル風というとことでしたが流石にもうネタ切れ感がありますね。ラストで全く関係ないアニーやキャッツやテニミュっぽいキャストが出てきたのは笑いましたけど。

私はゴールデンボンバーが好きなのですが、好きになったきっかけもMステで見たからなんですよね。初めてゴールデンボンバーがMステに出て女々しくてを歌って踊っているのをみてなんて楽しそうにパフォーマンスする人たちなんだろうと思いました。そしてyoutubeでPVを見たらす気になったんですね。特にまた君に番号を聞けなかったが好きでした。

www.youtube.com

www.youtube.com

そこからそれまで出ていたCDをレンタルし以降発売したCDを購入しています。

私の考えるゴールデンボンバーの良さは2つあります。

1つは真面目にふざけているところです。女々しくてでTVに出ていたころいろんなパフォーマンスをしていたんですがどれも自分たちが体を張ってるんですね。昨今のバラエティ番組なんかは芸人に何かをやらせてそれを見て笑うみたいな構図が多いんですけどそれって対価を払って行うイジメに近い何かだと思うんですよね。自分たちが体を張って周りの人に迷惑をかけないって所が好きです。

もう1つは音楽に対する姿勢がですね。これはグループというよりキリショーの話なんですがパフォーマンスはふざける反面曲はしっかりと作りこまれてることでパフォーマンスも許されている気がします。またCDの特典をなくしたりジャケットを白紙にしたりと音楽業界に一石投じてやろうという姿勢がまたカッコいいんですね。

以上が私の考えるゴールデンボンバーの良さです。

ここまでウダウダ書きましたが実はライブには行ったことがありません。そもそもライブというものに行ったことが無いのですが映像なんかで見ると振りがあったりして理解していないと浮いてしまいそうなのと女性客の方が圧倒的に多いと思うのでちょっと逃げ腰になっています。機会があれば行ってみたいんですけど男一人で行っても浮きませんかね?

ダラダラ書いていましたがネタもなくなったので、それではまた。