Twitterの凍結を解除してもらえた話

こんにちは川庭茂樹です。

ちょっと前にTwitterが永久凍結の回避を禁止する行為に引っ掛かり凍結され異議申し立てをするも音沙汰がないということを書きました。

sgksen.hatenablog.com

sgksen.hatenablog.com

が今朝Twitterを見てみたら凍結が解除されていました。やったー!

正直ダメ元で異議申し立てをしていたのですが案外やってみるもんですね。私がしたのはとりあえず何日かに分けて1日2,3回異議申し立てのメールを送りました。その後以下のようなメールが返ってきました。

f:id:SGKsen:20180926233316p:plain

要は誰かを攻撃するために複垢を作るのは禁止ということですがこれならいけると思いこのメールのキャプと一緒にもう一度異議申し立てをしました。「自分は誰かを攻撃するために複垢を作ったことはない、どのアカウントもしっかりとした目的に応じて使い分けているだけだ」だいたいこういう風な感じで送信しました。これは嘘でもなんでもありません。確かに最初に永久凍結されたアカウントは老人やLGBTについて明確に悪意を持った書き込みをしていたのでそれが凍結されたのはまぁしょうがないと思います。しかしそれ以降のアカウントは過激な発言を控えたりそもそもメインのアカウントが凍結されたのでただ単に作り直したというだけですのでこの返信メールに書かれているように誰かを攻撃するための複数アカウントの作成には引っ掛からないわけですね。まぁバカみたいな数の異議申し立てをしたので面倒くさくなって凍結しただけかもしれませんが。

前の記事にも書きましたがTwitterが使えないととにかく不便だったので凍結は本当にうれしいですね。Twitterができないことで損したことが結構ありました。この記事を検索なんかで見つけてきた人もいるかと思うんですけど何かしら参考になれば幸いです。それではまた。